スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)

 「いつになったら飛べるのか」--。アイスランドの火山噴火の影響で欧州に飛ぶ日本発着便も航路が断たれて、19日で5日目を迎えた。空港で足止めされベンチなどで寝泊まりしながら運航再開を待つ外国人が徐々に増え、同日、成田国際空港で約100人、関西国際空港でも40~50人が朝を迎えた。成田だけでもこの日、出発、到着合わせて運航を取りやめたのは44便。旅行者の疲れといら立ちが目立つ。

【写真特集】アイスランド火山噴火

 午前5時、成田国際空港第1ターミナルの出国ロビー。一斉に照明が点灯し、ベンチや床に横になった旅行客が眠そうに目をこすりながら起きあがる。さっそく、帰国便を確保しようとパソコンや携帯電話を使って必死に情報を求める人も。チェックインカウンターには、まだ係員が来るまで1時間以上あるというのに、運航状況を問い合わせようとする乗客の長い列ができた。

 気象条件による欠航では原則として航空会社は宿泊提供義務を負わない。乗客の中には周辺のホテルに自費で宿泊している人もいるが、格安旅行の旅行客には想定外の出費になる。

 フランスから1週間の予定で京都や広島を観光に訪れた電子部品販売会社員、ボリス・ソロミックさん(24)は搭乗予定だったエールフランスのパリ行きが飛ばず、17日からロビーに滞在。「アジア、中東経由での帰国も考えたが、運賃が高すぎる。予約できたのは30日のフライト。安く宿泊できる方法がないかフランス大使館に相談してみる」と途方に暮れた様子。「非常にストレスを感じる。ヨーロッパの空港で簡易ベッドや軽食が用意されたというニュースも目にした。対応が全然違う」と不満を訴えた。

 2週間の休暇を日本で過ごし、リヒテンシュタインへ帰国するためにルフトハンザドイツ航空のミュンヘン行きの搭乗を待つ高校教諭のピーター・ブッシェルさん(44)は、19日が新学期の初日だった。「メールで勤務先に状況を伝えた。航空会社に聞いても『再開のめどは分からない』と繰り返すだけ。日本の桜は素晴らしかったのに、最後にトラブルに巻き込まれて参った」と疲れた表情。「ニュースを見たり、航空会社のサイトを見るためにインターネットを使いたいのだが、空港のパソコンは料金が高いので困る」と話した。【山田泰正、酒井雅浩】

【関連ニュース】
火山噴火:スペインで全空港再開
アイスランド:火山噴火 航空規制長期化 業界減収185億円に 運航再開の動きも
アイスランド:火山噴火 火山灰、影響多方面に バラ市場、医療にも
ニュースがわかる「火山の国に暮らす」

大学生に聞く、老後の頼りは年金か貯蓄か
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(5)(産経新聞)
<自民党>郵政事業PT座長に林芳正氏 離党の園田氏の後任(毎日新聞)
ぞうきん無断で燃やした女逮捕 尼崎、周辺で数十件発生(産経新聞)
交番の警察官に生卵=容疑で少年ら逮捕-警視庁(時事通信)
スポンサーサイト

財政健全化へ関係閣僚委=数値目標検討に着手(時事通信)

 政府は20日、財政再建目標を含めた「財政運営戦略」と2011~13年度の歳出の大枠を定める「中期財政フレーム」の6月策定に向け、関係閣僚委員会を国会内で開いた。菅直人副総理兼財務相は閣僚委で「成長、社会保障、財政再建の3つの考え方を法案化し、国会で議論する準備をしている」と述べた。今後、法制化を視野に具体的な数値目標の検討に入る。 

夫、刺され重傷「別れ話で…」 妻は車に飛び込み重体(産経新聞)
重要文化財指定(時事通信)
<郵便不正事件>大阪地裁が上村被告弁護人の証人申請却下(毎日新聞)
東京でアパート火災、1人死亡1人重体(読売新聞)
<文科省>天窓の安全管理の徹底求める通達 鹿児島の事故で(毎日新聞)

<社民党>民主党の強行採決に異論 幹部会で慎重審議求める(毎日新聞)

 社民党は16日の幹部会で、民主党が5月中の成立を目指している政治主導確立法案や国会改革関連法案について「内閣支持率が下落するなか、強行採決はすべきでない」として、慎重な審議を求めていくことを申し合わせた。同党の重野安正幹事長は同日、国会内で記者団に対し「国会は言論の府だから徹底的に審議を尽くすというのが基本だ。(強行採決は)いかがなものか」と指摘した。

【関連ニュース】
水俣病:鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で
普天間移設:連立内から「5月末は無理」
民主党:参院選「与党過半数割れ」危機感
ネット選挙:参院選から解禁検討 民主が改正案提出へ
鳩山首相:秘書官が米副長官と会談 普天間は話題にならず

【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(1)(産経新聞)
<桜島>爆発的噴火400回超す 昨年より約7カ月早く(毎日新聞)
<別れさせ屋>離婚された女性と交際、殺害…絶えぬ被害(毎日新聞)
移設先「サイパン、テニアン検討を」社民(読売新聞)
法務省看板に朱色墨汁? 男の身柄を確保 警視庁 (産経新聞)

トマホーク退役で破れる「核の傘」 危機感薄い首相「核のない世界へ一歩」(産経新聞)

 オバマ米政権の「核戦略体制の見直し」(NPR)を受け、鳩山由紀夫首相は7日、「核のない世界に向けた第一歩だ」と歓迎の意を表明した。核搭載型巡航ミサイル「トマホーク」退役により日本の「核の傘」による抑止力は低減するが、対応策は何も示せておらず、政府の危機感の欠如をまた露呈したといえる。

 核トマホークは東西冷戦中、日本に立ち寄る米原潜に搭載された。基地や政権中枢部をピンポイントで攻撃できる能力を持つため、日本に対する核攻撃への大きな抑止力となっていた。

 冷戦終結後は軍艦船から撤去されたが、有事に再搭載できるよう米本土の基地に保管されており、なお抑止力は働いていた。

 米政権がトマホーク退役を決めたのは、これまでイラク戦争など実戦で使われたことはなく、政治的コストを考えると、より使い勝手のよい通常兵器への転換を進めるべきだと判断したとみられる。

 「核の傘」としては、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)など戦略核もある。岡田克也外相は7日、「日本の『核の傘』は戦略核がきちんとカバーしており、(安全保障に)影響はない」とトマホーク退役の影響を否定した。

 だが、戦略核を使用すれば、米本土が「報復」対象となる可能性があり、日本への核攻撃の報復として米国が戦略核を用いる保証はない。防衛省筋は「トマホークが退役すれば、日本の核攻撃に対する抑止力は事実上通常兵器だけになりかねない」と懸念を示す。

 政府は「非核国への核兵器不使用」を安保理決議や条約化を視野に他の核保有国に履行を働きかけていく方針だが、核保有国が同調する可能性は少ない。3月の主要8カ国(G8)外相会合でも岡田氏は「核の役割低減」を共同声明に盛り込むよう訴えたが、クシュネル仏外相が「国の大きな政策であり絶対譲れない」と猛反発し、見送られた。

 12、13両日の核安全保障サミットで首相が「核の傘」の恩恵を理解せぬまま「非核」を訴えれば、安全保障への「無知」を国際社会に示すことになりかねない。(赤地真志帆)

【関連記事】
米NPRを歓迎 岡田外相、日本の安全保障「影響ない」
「常時駐留なき安保」 防衛研究所が懐疑論
「密約以後」に問われる誠実さ
米露新条約 オバマ大統領「言葉を行動に変えた」
日米に反感を広げた「密約」検証
「中国内陸部の資源事情とは…?」

益川塾 京都産業大で初の入塾式 「切磋琢磨を」と激励(毎日新聞)
幹事長代理に河野氏 自民 選挙対策、若手を起用(産経新聞)
<自立援助ホーム>「あすなろ荘」19歳寮生、初の進学者(毎日新聞)
知的障害の女性暴行容疑で逮捕 千葉(産経新聞)
<相続税法違反>遺産2億円脱税…開業医の遺族、国税が告発(毎日新聞)

北海道厚沢部の車両火災 子供乗る後部シート付近で出火か(毎日新聞)

 北海道厚沢部(あっさぶ)町で駐車中の乗用車にいた幼い姉弟4人が死亡した車両火災で、出火元は子供が乗っていた車内後部のシート付近だった可能性が高いことが、道警江差署の調べで分かった。父親は「車内は紙くずやごみ類などが散乱していた」と説明しており、車内後部で何らかの火が燃えやすい紙や布に引火し、一気に燃え広がった可能性について、同署が裏付けを進めている。

 3日に車の検証を始めた同署によると、車内は樹脂類がほぼすべて燃えており、シートも金属の骨組みがむき出しになっていたほか、シルバーだった車体の色も完全に変色していた。しかし車体前部はナンバープレートや一部の樹脂部品が燃え残っており、車内の燃え方も、1、2列目より3列目シートが最も激しいという。外部から火を付けられた形跡は見つかっていない。

 身元確認中なのは函館市桔梗1、無職、棚橋智也さん(24)の▽長女歩夏(あゆか)ちゃん(3)▽長男旬汰(しゅんた)ちゃん(2)▽双子の男児の諒央(りおん)ちゃんと翔央(かおん)ちゃん(ともに7カ月)。双子の乳児は2列目、歩夏ちゃんと旬汰ちゃんはドアのない3列目にいた。

 棚橋さんと妻の季(ゆき)さん(21)の警察への説明では、車内は未使用の紙おむつが包装を破かれた状態で散乱していたほか、積み重なった子供服やごみ類で「足の踏み場もないような状態」。使い捨てライターもあったと記憶しており「長女は(指で押すだけで着火する)電子式ライターをつけることができ、数週間前にも自宅でライターをいじっていたので注意した」とも証言する。

 棚橋さん一家は2日夕、車で自宅を出発し、仕事に向かう季さんが途中で降りた後、午後9時ごろ厚沢部町の祖母宅に到着。棚橋さんは眠っていた子供4人をエンジンをかけたままの車に残して家に入ったが、約30分後に車が燃えているのに気付いた。【吉井理記、金子淳、近藤卓資】

【関連ニュース】
火災:民家全焼、男女2遺体見つかる 長野・佐久穂
火災:アパートの部屋燃え、焼け跡から2遺体 相模原
火災:塗装工場全焼、出火時は無人 埼玉・戸田
住宅全焼:焼け跡から3遺体…岩手
成田空港:着陸のユナイテッド機タイヤから白煙

築地移転予算が成立=現在地再整備検討の付帯決議も-東京都(時事通信)
レセプト請求の審査の効率化も協議―厚労省が検討会(医療介護CBニュース)
弁護士名乗り「全財産送れ」3500万円詐欺(読売新聞)
<訃報>日比野元治さん82歳=元戸田建設専務(毎日新聞)
かわいそうなのは首相と谷垣氏(産経新聞)

雑記帳 弥太郎の下駄も…三菱重工造船所に岩崎家コーナー(毎日新聞)

 三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎ら岩崎一族4代の業績を紹介する「岩崎家コーナー」が1日、創業153年の三菱重工業長崎造船所(長崎市)内の史料館にお目見えした。

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」に合わせて企画。弥太郎が晩年愛用した下駄や、母・美和が残した「親は子に迷惑をかけるな」などの家訓の複製など約40点を展示した。

 ドラマでの弥太郎は貧困から抜け出そうと必死だが、横川清館長は立派な下駄を前に「これから偉大な人物に描かれるはず」と太鼓判。要予約(095・828・4134)。【錦織祐一】

【関連ニュース】
三菱重工:株主代表訴訟の和解成立 橋梁談合事件で損害
千葉佐那:ドラマで注目、龍馬慕ういちずさに墓参者急増
毎日経済人賞:三菱重の佃会長、フェリシモの矢崎社長表彰
三菱自動車:優先株の扱い最優先課題 プジョー提携白紙で
いちむじん:高知出身ギターデュオ 「龍馬伝紀行」の曲収録のアルバム発売 広末も絶賛

<国民年金詐取>弘道会系組長ら再逮捕 犯罪収益等収受容疑(毎日新聞)
信楽透器 電球の光ほんのり通す 特許と商標出願中(毎日新聞)
歴史共同研究委 共通認識ほど遠く 当初から悪玉史観 議論は不毛だった(産経新聞)
新年度予算案、参院委で可決…今夕成立へ(読売新聞)
産経志塾「立派な日本人が日本をつくる」(産経新聞)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。