スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相次ぐ乳幼児虐待死「刑重く」「子育て支援充実を」 根絶願う声(産経新聞)

 全国で相次ぐ痛ましい乳幼児虐待事件。大阪府内では3~5月の間に4人の子供が死亡した。「胸が痛む」「刑を重くすべきだ」。産経新聞に寄せられた読者の意見では、事件を起こした親への怒りが目立つ半面、「関係機関が対応チームを作れ」「行政は子育て支援の充実を」といった提言も多く、悲惨な事件を根絶したいという願いがにじんだ。

 ■都市化や核家族化…公的“おせっかい型支援”も

 「どれだけ悲鳴を上げても助けてくれる人がいない。(被害者の)子供たちは毎日が生き地獄です」。5人の孫を持つという女性は、日常的に虐待を受ける子供たちの心情に思いを寄せた。

 意見では、「虐待をなくすために何をなすべきか」といった具体的な提案も多く寄せられた。

 大阪府四條畷市の会社経営者は「情報をつかんだ初期対応として、自治体・児童相談所・警察・医師がチームで対応する」ことを指摘。「私たち夫婦は特別養子縁組をした娘を育てました」という高知県内の女性(59)は、「子供をいじめるくらいなら養子に出してほしい」と訴えた。

 乳幼児虐待事件では、育児ストレスが動機とされるケースが多い。同府大東市で生後6カ月の長男が重傷を負った事件では、逮捕された父親(21)が「育て方がわからずイライラした」と供述。生後2カ月の長女を殺害したとされる堺市の主婦(25)も事件前、市の相談窓口に育児ストレスを訴えていた。

 2歳と4カ月の男児がいる女性(32)は「虐待する親の気持ちがまったく理解できないわけではありません。イライラし、手をあげてしまいそうな衝動は何度となく経験しています」とした上で、「でも、それを自分にぶつけます」とつづっている。

 「自分の手の甲をつねったり頭をぶってみたり…。落ち着くと自己嫌悪しますが、自分にした暴力が子供に向いたらと思うとゾッとします。(私のように)核家族化で想像以上のストレスが母親にかかっているのかもしれません」

 大阪市の女性も「どんなに愛らしい子供でも、育児中に頭に来ることは多々あります」と親の気持ちを代弁。一方で「うちの町内では親子サロンが開かれ、子供同士を遊ばせたり、お母さん方が情報交換、おしゃべりしてストレス発散になっているようです」と紹介し、育児中の親へのケアを充実させる必要性を強調している。

 連鎖するように続く児童虐待事件。関西学院大の才村純教授(児童福祉論)は「都市化や核家族化が進行した結果、子育てが孤立し、親は追いつめられる。虐待は特別な人の事柄ではないとも言える」と指摘し、「昔は地域におせっかいを焼いてくれる人もいたが、それもいない。公的な『おせっかい型支援サービス』の充実が求められている」と話している。

【関連記事】
「スーパーの試食」で飢えしのぐ…トイレ監禁“鬼畜”虐待
トイレ監禁の次男 「チャンス逃せば死んでしまう」
「一生かけて娘に償って」乳児揺さぶりの父親に有罪 大阪地裁支部
乳児に「頭突き」で死亡させた男、「いらいらして八つ当たりした」と供述
連載 第2部「虐待はどんな傷を残すのか」(1)~(5)ママが来る!夜泣きする子供たち…

菅新内閣、組閣は8日に先送りへ(読売新聞)
朝鮮学校、個人崇拝を強化 総連、金総書記の訪中映像上映指示(産経新聞)
<若手官僚>「国民による仕分け」を提案 省庁改革で(毎日新聞)
明石の歩道橋事故、明石署元地域官ら実刑確定へ(読売新聞)
「言葉で上り詰めた」=仙谷氏、菅首相を絶賛(時事通信)
スポンサーサイト

関西で口蹄疫被害支援の輪 外食店に募金箱 焼肉店では風評被害も(産経新聞)

 家畜の伝染病・口蹄(こうてい)疫問題で、宮崎県大阪事務所(大阪市)を中心に関西の外食産業が協力し、店に募金箱を設置したり、畜産農家を救うための署名活動も検討するなど、支援の輪が広がっている。一方で、関西のスーパーでは、牛肉の「宮崎産」のラベルが張り替えられたり、焼肉店では売り上げがやや落ちたところもあり、一部で風評被害も報告されている。

 関西に10店舗を展開する宮崎地鶏店「車」(大阪府吹田市)では、社長が宮崎県出身で社員にも県出身者が多いことから、「人ごとではなくほうっておけない」と、27日から全店舗に募金箱を設置した。現在のところ、売り上げには影響がないという。

 創業50年以上、宮崎牛を提供するステーキ店「南海グリル」(堺市)でも、「長年宮崎牛にこだわってきたという深いつながりがある」と、全7店舗に募金箱を置いた。

 会員約1800人を擁する「近畿宮崎県人会」は26日、宮崎県庁を直接訪れ、100万円を寄付。同行した事務局長の鈴木政弘さん(74)=堺市東区=は「畜産農家の中には今は生き地獄だと話す人もいて、涙が出てきた。何とか関西からも助けてあげたい」と涙ながらに訴える。

 宮崎県大阪事務所には、「支援をしたいがどうしたらいいか」といった問い合わせが頻繁にあり、17日から募金箱を設置。事務所では、風評被害を防ぐためのちらしを外食店などに配ったほか、「畜産農家に全面支援を」とした署名活動や、百貨店などに働きかけて宮崎物産展を計画してもらうことも検討しているという。

 坂本義広所長は「本庁から毎日感染情報が送られてくるが、なぜここまで拡大したのか不思議だ。支援したいという声が多く、大変感謝している」と話す。

 市場には口蹄疫に感染した肉は流通しておらず、たとえ食べたとしても健康に問題はないが、一部に影響も出始めている。

 大阪府内のスーパーを調査した関係者によると、これまで牛肉のパックに「宮崎産」と記してあったラベルが、抽象的な「国産」と書き換えられていた店もあったという。宮崎牛を提供する大阪府内のある焼肉店では、「イメージを懸念して、接待で利用されるお客さんが減っている」と、風評被害を警戒している。

【関連記事・口蹄疫被害支援】
5億円の無利子支援資金 山口県
企業の支援相次ぐ 現地に拠点などで
大阪府が全農家に消石灰配布へ
ソフトバンクが「宮崎デー」
流通業界、大相撲などにも広がる義援金

クラシックカー 全国から名車が大集合 愛知・長久手(毎日新聞)
「尖閣に日本の領土問題はない」 岡田外相が強調(産経新聞)
小6教科書に「縄文時代」復活、10年ぶり(読売新聞)
デゴイチ健在 山梨で蒸気機関車の復活運転(産経新聞)
県酒連が「泡盛百科」公開 銘柄情報を網羅
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。